ウォーターサーバーの人気比較をしてみる

ウォーターサーバーの種類

サーバーの種類

ここではサーバーの機能や宅配方法等、大まかな種類をご紹介します。
また、お水の種類はこちらに記載してあります→水の種類

 

お水の宅配

お水の宅配方法は、主に二種類の方法があります。

 

ワンウェイボトル式

ワンウェイボトル式は、使いきりのボトルを届ける方法で使用後の容器は自宅で
ゴミとして捨てます。容器はやわらかい素材の為コンパクトに捨てることが出来るので
場所を取ることもありません。
外の空気が入ることがないので衛生面にも安心ですが、ボトルを廃棄する為
若干コストが高くなることが多いようです。
配達は、配達業者が行うことが多いです。

リターナルボトル式

リターナルボトル式は、使用後のボトルをメーカーが引き取り交換する方法です。
ボトルを引き取って貰えるのでゴミが出ることはありませんが、引取ってもらうまで
容器を保管することになるので場所を取ることになります。
配達は、自社配送になるのでメーカーの人と直接話をすることが出来る為
要望などがあれば伝えやすいです。

ウォーターサーバー本体の大きさ

ウォーターサーバーの設置を検討する中で、本体の大きさが気になると思います。
生活する中で邪魔にならないのか心配な方も多いと思いますが、最近では
スリムでコンパクトなタイプも増えてきています。
また、ウォーターサーバー本体も大きく分けて二種類あります。

 

床置き型

お店等でもよく見かけられる一番人気でオーソドックスなタイプです。
使いやすく場所の移動に関しても想像より安易に行えます。

卓上型

かなりコンパクトな大きさで場所を取らないため、ダイニングテーブルや
キッチンに設置する方が多いようです。持ち運びも容易な為、
小さなお子様が簡単に触れないような場所に設置することも出来ます。

機能性

ウォーターサーバーはメーカーによって全然違います。
たとえば、ボトルの位置が足元にある物とサーバーの上部に
ある物。足元にあるサーバーは女性にも簡単に交換する事が
出来る為人気です。
給水口に関してはボタン式・コック式・押し型式の三つが主流に
なります。それぞれ、一長一短ありますが・・・
ボタン式は使いやすい反面機能性が高い為若干コストがかかったり
停電のときは使えない事もあります。
コック式はコスパに優れていますがデザインが不人気なのと壊れやすい
事でしょう。
押し型式は、片手で給水が出来、給水口の中では一番安定して
人気かと思います。

トップへ戻る